美しい鰭/スピッツ コード進行分析・解説!

美しい鰭コード進行分析・解説_サムネ 音楽理論
スポンサーリンク

こんにちは!しゅのです。

この記事では、スピッツさんの美しい鰭(1番+アウトロ)のコード進行分析解説します。(作詞・作曲:草野正宗)

劇場版『名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)』主題歌です。スピッツさんの透き通るような声、サビの伸びやかな高音で綺麗なところが特に好きでお気に入りの曲です。

原曲はこちら↓

スピッツ / 美しい鰭 Spitz / Beautiful Fin(YouTube)

本記事は、音楽理論に触れたことによって、理論を知る前よりもギターを弾くことが飛躍的に楽しくなった凡人ギタリストによるコード進行分析・解説の備忘録となります。

コード譜・使用するコードの押さえ方については、以前に記事を作成しています。本記事のコード進行分析の内容を理解するために、本記事と併せてご覧ください。

※記事の内容には細心の注意を払っていますが、分析違いや解釈の相違が発生する可能性も十分にございます。あくまで一個人の分析であることをあらかじめご了承いただけますと幸いです。

以下は、私のお気に入りの「音楽理論の入門書」です。非常にわかりやすい内容で、楽しく音楽理論基礎を学習することができます。

created by Rinker
¥1,980 (2024/07/18 12:59:03時点 楽天市場調べ-詳細)
おすすめ

音楽理論に少しでも興味がある方は、もしよければ手に取ってみてください。スムーズに理解が進み、音楽理論を学んでみたいと思うこと間違いなしです。

それでは早速、コード進行の分析に入っていきましょう〜!

スポンサーリンク

「美しい鰭/スピッツ」コード進行分析

ギターとピアノの画像

美しい鰭/スピッツ」を聴く!(Amazon Music)

まずは、キー(Key)ダイアトニックコードを確認しましょう。その後、パートごとに分けてコード進行の分析と解説をしていきます。

キー(Key)とダイアトニックコード

コード進行の分析には、キー(Key)ダイアトニックコードの2つは欠かせません。

これらがわかることで、コードを度数(ディグリー)で理解することができるようになり、すべてのキー(Key)で汎用的にコード進行を分析することができます。

この曲のキー(Key)「C#メジャー」です。

キー:C#メジャー」の三和音、四和音のダイアトニックコードは次のようになります。

ダイアトニックコード(キー:C#メジャー)

ⅡmⅢmⅥmⅦm-5
C#D#mFmF#G#A#mCm-5
Key:C#メジャーの三和音のダイアトニックコード一覧
ⅠM7Ⅱm7Ⅲm7ⅣM7Ⅴ7Ⅵm7Ⅶm7-5
C#M7D#m7Fm7F#M7G#7A#m7Cm7-5
Key:C#メジャーの四和音のダイアトニックコード一覧

※以降「キー(Key)はカタカナで「キー」と表記していきます

しゅの
しゅの

それでは、実際に『コード進行』を見ていきましょう!

理論を学ぶ犬
理論を学ぶ犬

理論楽しくなってきたよ!今回も頑張っていこう〜。

イントロ

まずは「イントロ」です。コードは以下です。

通常表記」と「度数表記」の2つを1セットとして掲載し、解説していきます。

[通常表記]
F# C#|G# A#m|F# C#|F A#m|
|F# C#|G# A#m|F# F7|A#m G#|

「キー:C#メジャー」のダイアトニックコードに当てはめると、度数(ディグリー)表記では次のように表すことができます。

[度数表記]
Ⅳ Ⅰ|Ⅴ Ⅵm|Ⅳ Ⅰ|Ⅲ Ⅵm|
|Ⅳ Ⅰ|Ⅴ Ⅵm|Ⅳ Ⅲ7|Ⅵm Ⅴ|

基本的にはダイアトニックコード内のコードが使われています。「Ⅲ」「Ⅲ7」は、ダイアトニックコード外のコードですね。

ちなみに、ダイアトニックコード外のコードのことを『ノンダイアトニックコード』と呼びます。

ノンダイアトニックコードは、コード進行分析において非常に重要な要素です。以降はこちらの用語を使っていきます。

ノンダイアトニックコード:ダイアトニックコード以外のコード

それでは、このパートのポイントを見ていきましょう。

Ⅲ Ⅵm

まずはこちら。ノンダイアトニックコードの「Ⅲ」に注目します。

通常ダイアトニックコードの「Ⅲ」は「Ⅲm」でマイナーコードですが、「Ⅲ」メジャーコードになっています。

まずポイントとして、

「Ⅲ」から「Ⅵ」のコード4度進行(強進行)であり次のコードへの結びつきが強いです。

コードの構成音を見てみると、以下のような違いがあります。(「キー:C」の移動ドで考えています)

Ⅲmの構成音:「ミ・ソ・シ」

Ⅲの構成音:「ミ・ソ#・シ」

「ソ#(#Ⅴ)」は次のコードのルート音である「ラ(Ⅵ)」の半音下の音です。

次のコード「Ⅵm」を1度のコードと考えた場合、「Ⅵ(ラ)」の半音下の音「#Ⅴ(ソ#)」は『導音』となります。

導音:
その音階の7番目の音、つまり「Ⅶ」の音。その名の通り、導音は主音に導かれるような性質を持っている。英語では「leading note(tone)」と言う。

とまあここまでややこしいことを言いましたが、つまりは「Ⅲm」「Ⅲ」にすることで、『導音』を含むコードとなり「Ⅲ」→「Ⅵm」のコード進行の結びつきが強くなるという工夫がされています。

しゅの
しゅの

実際にギターで「ドレミファソラシド」を弾いてみると体感できるよ!

「シ」を弾いた時「シ」→「ド」と行きたくなるよね〜。

理論を学ぶ犬
理論を学ぶ犬

『導音』・・確かに、次のコードに行きたくなる感じがするね!

Ⅲ7|Ⅵm

続いてこちら。ノンダイアトニックコードの「Ⅲ7」に注目します。

ダイアトニックコード3番目のコードは通常はマイナーコードであり「Ⅲm」「Ⅲm7」です。

こちらはなぜ「Ⅲ7」が使われているのでしょうか?

これは『セカンダリードミナント』と呼ばれる手法です。

「Ⅲ7(F7)」の次の「Ⅵm(A#m)」をⅠ番目のコードと見立てた場合『ドミナント』であるⅤ番目のコードは「Ⅲ7(F7)」となります。

つまり、「Ⅲ7→Ⅵm」というドミナントモーションが成立します。

ここで、理解するために必要な『ドミナント』『ドミナントモーション』の用語の説明をします。「知らなかった!」という方は是非この機会に覚えてしまいましょう〜。

ドミナントコード:「ダイアトニックコード」における五番目(5度)のコード

ドミナントモーション:「ダイアトニックコード」における五番目(5度)のコードからI(トニック)に向かうコード進行

『ドミナント』であるⅤの不安定な響きから安定したⅠ(トニック)に向かいたくなる強い結びつきがあり、その性質を利用し強い解決感が得られます。

完全4度上(もしくは完全5度下)に進むコード進行になっており『強進行』とも呼ばれます。ギターの指板上でいうと以下2つが完全4度上(完全5度下)の位置関係となります。

完全4度上、完全5度下のギター指板上の位置関係
指板上での完全4度上(完全5度下)の位置関係

最もわかりやすい「キー:Cメジャー」で考えると、GからCは完全4度上であり完全5度下の音です。

「Ⅵm(A#m)」を1番目のコードと見立てた場合「キー:A#マイナー」のダイアトニックコードは次の表の通りです。

ⅠmⅡm-5♭ⅢMⅣmⅤm♭Ⅵ♭Ⅶ
A#mCm-5C#D#mFmF#G#
三和音のダイアトニックコード一覧(キー:A#マイナー)

この「Ⅴm(Fm)」を「Ⅴ7(F7)」にドミナント化(ドミナントに変形)して使用しています。

(厳密にはハーモニックマイナーキーのダイアトニックコードとなりますが、こちらはまた別の機会に)

キー:Aメジャー」の曲の中で、一瞬だけ「キー:F#マイナー」の『ドミナントモーション』を利用しています。

このように、Ⅰ度以外のコードを1番目のコードとして別のキーを考え、その別のキーの「Ⅴ7→Ⅰ」の『ドミナントモーション』を作るためのコードを『セカンダリードミナント』と呼びます。

セカンダリードミナント:ダイアトニックコード「I」以外のコードに対してドミナントモーションを作るために「V7」としたコード

Aメロ

続いて、「Aメロ」です。コード進行は以下です。

[通常表記]
C#|A#m|F# G#|C#|
|C#|A#m|F# G#|C#

[度数表記]
Ⅰ|Ⅵm|Ⅳ Ⅴ|Ⅰ|
|Ⅰ|Ⅵm|Ⅳ Ⅴ|Ⅰ|

このパートは、全てダイアトニックコードで構成されていますね。ダイアトニックコード内の観点で、ポイントがあるので解説していきます。

Ⅳ Ⅴ|Ⅰ

ダイアトニックコードの『主要三和音(3コード)』「Ⅳ→Ⅴ→I」と並べたコード進行です。

主要三和音(3コード)Ⅰ度、Ⅳ度、Ⅴ度にあたるコードを『主要三和音(3コード)』と呼ぶ
「キー:Cメジャー」の場合、C、F、G(CM7、FM7、G7) が主要三和音となる

コードの度数の並びの通り、『451進行』と呼ばれたりもします。基本的な非常によく使われる進行であり、是非響きも併せて覚えておけると良いです。

451進行:ダイアトニックコードの主要三和音(3コード)「Ⅳ→Ⅴ→I」と並べたコード進行

「Ⅴ」→「Ⅰ」が最も基本的な『ドミナントモーション』であり、「Ⅴ(ドミナント)」の不安定な響きから安定した「Ⅰ(トニック)」に解決することで、非常に強い終始感(「終わった〜」という感じ)が表現できます。

Bメロ

続いて、「Bメロ」を見ていきます。コード進行はそれぞれ以下です。

[通常表記]
A#m Fm|F# G#|
|A#m Fm|F#|G#

[度数表記]
|Ⅵm Ⅲm|Ⅳ Ⅴ|
|Ⅵm Ⅲm|Ⅳ|Ⅴ|

こちら全てダイアトニックコード内のコードが使われていますね。

最後の「Ⅴ」ドミナントの緊張感「サビ」への期待感が高まっているように感じます。

サビ

続いて、「サビ」を見ていきましょう。

[通常表記]
|F# C#|G# A#m|F# C#|F A#m|
|F# C#|G# A#m|F# F7|A#m

[度数表記]
Ⅳ Ⅰ|Ⅴ Ⅵm|Ⅳ Ⅰ|Ⅲ Ⅵm|
|Ⅳ Ⅰ|Ⅴ Ⅵm|Ⅳ Ⅲ7|Ⅵm|

基本はダイアトニックコード内のコードが使われています。

こちらは、ほとんど「イントロ」と同じコード進行になっていることがわかります。

Ⅲ Ⅵm

「イントロ」で解説した内容と同じです。上記記載を参照してください。

Ⅲ7|Ⅵm

「イントロ」で解説した内容と同じです。上記記載を参照してください。

アウトロ

最後は「アウトロ」です。

ここまで見ていただきありがとうございます!あと少しだけお付き合いください。

[通常表記]
F# C#|G# A#m|F# C#|F A#m|
|F# C#|G# A#m|F# C#|G#

[度数表記]
|Ⅳ Ⅰ|Ⅴ Ⅵm|Ⅳ Ⅰ|Ⅲ Ⅵm|
|Ⅳ Ⅰ|Ⅴ Ⅵm|Ⅳ Ⅰ|Ⅴ|

「アウトロ」のコードは、全て今まで解説したコード進行ですね。

以下ポイントを記載していきます。

Ⅲ Ⅵm

先ほど「サビ」でも出てきましたが、こちらは「イントロ」で解説した内容と同じです。上記記載を参照してください。

まとめ

ザトウクジラの画像

最後にまとめです。まずは、ここまで本当にお疲れ様でした!

最後まで読んでいただきありがとうございます。少しでも皆さんに役立つ記事が書けていたら嬉しいです。

今回はスピッツさんの美しい鰭(1番+アウトロ)のコード進行を私なりに分析・解説してみました。

  • ノンダイアトニックコード
  • 導音
  • ドミナントコード
  • ドミナントモーション
  • セカンダリードミナント
  • 主要三和音
  • 451進行

など、様々なコード進行やアイデア等、学べるポイントがありました。

分析をしたことで、音楽理論の観点で見てもとても素晴らしい曲であるということを実感しました。

スピッツさんの爽やかな歌声や曲調は勿論ですが、個人的にはサビの『セカンダリードミナント』を使っているところがとてもエモくて気に入っています。

まだまだ勉強中の身ですが、ギター上達と音楽理論の理解を深めることを目指し、引き続きコード進行分析に挑戦していこうと思っています。(興味のある方、是非一緒に学習しましょう!)

以下、記事冒頭でも述べました「音楽理論の学習におすすめの本」を紹介しておきます。
私はこの方の説明が本当にわかり易く、理解が進み音楽理論が楽しく学べるようになりました。

created by Rinker
¥1,980 (2024/07/18 12:59:03時点 楽天市場調べ-詳細)
おすすめ

その他も色々な記事を書いていますので、よかったら覗いていってもらえたら嬉しいです!

それではまた。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました