シンデレラボーイ(Saucy Dog) ギターコード譜 度数表記で簡単演奏!

シンデレラボーイコード譜_サムネ コード譜/TAB譜
スポンサーリンク

こんにちは、しゅのです。

Saucy Dogさんのシンデレラボーイ(1番)を度数表記に変換したコード譜を作成しました。本記事では、コード譜とその弾き方について解説します。(作詞:石原慎也・作曲:Saucy Dog)

度数表記でコード進行を把握できると、すごく便利です。様々なコードが容易に押さえられるようになり、色々な曲をスムーズに弾くことができるようになりますよ。(Let’s Try!です)

「シンデレラボーイ」を聴く!(Amazon Music)

スポンサーリンク

「シンデレラボーイ」コード譜

それでは、コード譜(通常表記)コード譜(度数表記)を掲載し解説していきます。ぜひ、度数表記でコード進行を捉えられるようになってみてください。

今回演奏に使うのは度数表記の方になります。元のコード譜を利用される方もいると思いますので、通常表記も載せています。

今回の曲のキー(Key)はAです。なので、Key:Aダイアトニックコード一覧を以下に示します。「コード譜(通常表記)コード譜(度数表記)でどのコードが対応しているか」がわかります。気になる方は、こちらも合わせてご活用ください。

ⅡmⅢmⅥmⅦm-5
ABmC#mDEF#mG#m-5
Key:Aの三和音のダイアトニックコード一覧
ⅠM7Ⅱm7Ⅲm7ⅣM7Ⅴ7Ⅵm7Ⅶm7-5
AM7Bm7C#m7DM7E7F#m7G#m7-5
Key:Aの四和音のダイアトニックコード一覧

コード譜の見方のポイント

  • ”|”は「1小節の区切り」を表しています

コード譜(通常表記)

[Key:A]

[イントロ]
A Bm7|C#m7 D
A Bm7|C#m7 D

[Aメロ](♪頭じゃわかっていても〜)
A Bm7|C#m7 D
A Bm7|C#m7 D
E|F#m7|GM7|E

(♪夜な夜なゆらゆらいでも〜)
A Bm7|C#m7 D
A Bm7|C#m7 D
E|F#m7|GM7|E

[Bメロ](♪忘れちゃいたいのにずっと〜)
F#m7 E|D
F#m7 E|D|A|A

[サビ](♪シンデレラボーイ0時を回って〜)
D E|A
C#7|F#m7
D E|A
D E|A

コード譜(度数表記)

[Key:A]

[イントロ]
Ⅰ Ⅱm7|Ⅲm7 Ⅳ
Ⅰ Ⅱm7|Ⅲm7 Ⅳ

[Aメロ](♪頭じゃわかっていても〜)
Ⅰ Ⅱm7|Ⅲm7 Ⅳ
Ⅰ Ⅱm7|Ⅲm7 Ⅳ
Ⅴ|Ⅵm7|#ⅥM7|Ⅴ

(♪夜な夜なゆらゆらいでも〜)
Ⅰ Ⅱm7|Ⅲm7 Ⅳ
Ⅰ Ⅱm7|Ⅲm7 Ⅳ
Ⅴ|Ⅵm7|#ⅥM7|Ⅴ

[Bメロ](♪忘れちゃいたいのにずっと〜)
Ⅵm7 Ⅴ|Ⅳ
Ⅵm7 Ⅴ|Ⅳ|Ⅰ|Ⅰ

[サビ](♪シンデレラボーイ0時を回って〜)
Ⅳ Ⅴ|Ⅰ
Ⅲ7|Ⅵm7
Ⅳ Ⅴ|Ⅰ
Ⅳ Ⅴ|Ⅰ

指板上の度数の位置関係

指板上の度数の位置関係は次のようになっています。

今回はKeyがAなので、Aの音(5弦0フレット、6弦5フレット)が1度となります。

指板上の度数の位置関係(Key:A)

ここからは、各コードの押さえ方について解説していきます。

実際のサウシーさんはカポを2フレットにつけて弾いていますが、今回は度数でコード進行を捉えられることを目的としているためそのままカポなし(原曲キー)で弾いてみましょう〜。

コードの押さえ方

ギターと楽譜

この曲で使うコードは以下4種類です。

6弦をルートとする押さえ方5弦をルートとする押さえ方を紹介していきますので、各コード2種類ずつ押さえ方があります。

そのため、全部で4×2=8種類のコードの押さえ方を解説していきます。

各コードの押さえ方は以下になります。赤丸はルートの位置を示しており、指板上の度数の位置関係の図を参考に、弾きたいコードの番号に合わせて弦を押さえて下さい。

このように、度数を利用したコードの押さえ方をすることによって、音名が異なっていても、同じ種類のコードであれば同じ押さえ方で弾くことができるのです。

① メジャーコード(□M)

1つ目のコードはメジャーコードです。三和音の基本的なコードで、構成音は「完全1度(P1)、長3度(M3)、完全5度(P5)」の3つです。

メジャーコードの押さえ方(6弦ルート・5弦ルート)

② メジャーセブンス(□M7)

続いて、2つ目のコードはメジャーセブンスです。

ダイアトニックコードに含まれている四和音の基本的なコードでメジャーコードの方です。
構成音は「完全1度(P1)、長3度(M3)、完全5度(P5)、長7度(M7)」の4つです。

普通の三和音のメジャーコードに、プラス1音でメジャーセブンス(長7度)の音を加えたコードとなっています。

□M7コードの押さえ方(6弦ルート・5弦ルート)

③ マイナーセブンス(□m7)

続いて、3つ目のコードはマイナーセブンスです。

ダイアトニックコードに含まれている四和音の基本的なコードでマイナーコードの方です。
構成音は「完全1度(P1)、短3度(m3)、完全5度(P5)、短7度(m7)」の4つです。

普通の三和音のマイナーコードに、プラス1音でマイナーセブンス(短7度)の音を加えたコードとなります。

□m7(マイナーセブンス)コードの押さえ方(6弦ルート・5弦ルート)

④ セブンス(□7)

4つ目のコードはセブンスコードです。

ダイアトニックコードに含まれている四和音の基本的なコードです。構成音は「完全1度(P1)、長3度(M3)、完全5度(P5)、短7度(m7)」の4つです。

普通の三和音のメジャーコードに、プラス1音でセブンス(短7度)の音を加えたコードとなります。

□7(セブンス)コードの押さえ方(6弦ルート・5弦ルート)

まとめ

ガラスの靴の画像

今回は、Saucy Dogさんの「シンデレラボーイ」を度数表記に変換したコード譜を作成し、その弾き方を解説しました。

一時期すごく流行りましたが、最近改めて聴いてみて流行るだけはある良曲だなぁと感じました。個人的には、サビの節回しが少し独特でクセになるなと思いました。(シンデ ”レエラ” 〜♪ のところ)

度数でコードを捉える方法は、最初は難しく感じると思います。ただ、この方法を身につけられるとコードを簡単に押さえることができたり、頻出のコード進行を覚えやすくなったりとメリットがたくさんです。

スピーディーなギターの上達にも直結しますので、是非挑戦してみて下さい。

それでは!また~。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

「シンデレラボーイ」を聴く!(Amazon Music)

コメント

タイトルとURLをコピーしました